スポンサーサイト

2013.11.13 Wednesday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -

    雨ニモマケズ 宮沢賢治の世界 遠い昔

    2010.05.14 Friday 20:15
    0
       今日はテレビの話

       一昨日、NHK総合TV10時からのの歴史秘話ヒストリアを見た。
       こういう番組が大好きで欠かさず見ながら同時に録画し、内容の良かったものは録画し後日もう一度見る。うちのテレビは外部ハードデスクと直接つないで録画できるようにしてあるため大量に、しかも簡単に録画できるのでこういう番組がもう何百時間分もたまっている。
       
       で、今日の副題は【雨にも負けぬサラリーマン〜宮沢賢治 最期の2年半〜】、見ていてどうしても娘にも感動してもらいたくて、今日また娘を誘って一緒に見た。

       実は娘たちは小学生の低学年のころ(今から20年前)宮沢賢治が大好きで彼の童話を夢中になって読んでいた。でも、その年頃の子どもにはいくら童話でも言葉の言い回しなどわかりにくいところも多い。このため、伝記がほしいとせがまれて1991年に買い与えたのがこの本・・・
               伝記
       読んでますます宮沢賢治が好きになり、家族全員で健司ゆかりの地巡りにも行った花巻の宮沢賢治記念館北上河畔のイギリス海岸詩碑、盛岡の旧盛岡高等農林岩手山にも登ったし焼走り溶岩流もみた。花巻農業高校で羅須地人協会にも入り、賢治たちが語り合った時の丸椅子に触り、「下の畑二オリマス」の黒板はレプリカでありながら、賢治の息遣いが聞こえてきそうだった
       
      場所を土地の人に聞きながら下ノ畑にも行ってみた。さすがにここまでとなると農道もせまく、観光客はほとんどいなかったのを覚えている。夏の盛りだったので背丈の高い豆やトウキビが生い茂り、今にもそのなかから賢治が立ち上がるような錯覚に襲われたものだ。
       
       娘たちが特に好きだったのはやはり銀河鉄道の夜注文の多い料理店など、カンパネルラの名は今でも鮮烈に記憶にあるとのこと。詩では「永訣の朝」が心に残っているとか・・・
             永訣の朝
       最愛の妹トシ子との永遠の訣(わかれ)への慟哭が胸を打つ。このあと賢治はトシ子に会いたいと最果ての地に向かいもする。(ケジメをつけようとしてつけることのできない胸の張り裂けそうな寂しさ、悲しさの思いが自分にはよくわかる)。できれば彼の足跡をたどって樺太や南の海の見えるところに行きたい、時間をかけてゆっくりと。実現できそうもないが・・・
       
       彼は宗教に救いを求める。彼の書いた水彩画「日輪と山」は、ほかのどんな絵画よりも私は好きだ。普通の人は太陽の力強さを感じるかもしれないが、わたしは素直に見上げる神(または仏か)への憧憬、届くはずのないものへ少しでも近づきたいという賢治の想いを感じる。自分の勝手な解釈ではあるが・・・
       
      で、一緒に見終わって娘…「良かった」

       情けない話だが、この4,5年涙腺が弱くなってしまって、こういうものを見たり、読んだりすると不覚にも目元を潤ませ、あるいは溢してしまうことが多くなった。これに番組の中で「永訣の朝」を朗読されようものなら、多分、声を出して泣きたくなるような・・・気が弱くなったのか、世の中を一歩引いて眺めるようになり肩の力が抜けたからか。ちょっと情けない気もするが、感動や心の揺らめきが素直に涙腺とつながるようになったのは不思議なことではないと自分では理解している。

       もう、昔のようにそろって出かけることは無くなってしまったが、せめて上の娘とでも暇を作ってもらい、もう一度巡りたいものだと思う。



      追伸
       
      大量に本を処分した時、思い出の詰まったこの本を捨て難くて残したのだが、本当に処分しなくてよかった。娘がもう一度昔のように読んでみたいのだと・・・
      category:雑感 | by:ひぐらし仙人comments(0)trackbacks(0) | -

      山菜は豊作 パイナップルクリフティのせいでK20Dが不作かと一瞬!?

      2010.05.10 Monday 09:52
      0
         と、いっても自分で山に行って採ってきたのではない。なにせ、単独で人里離れた山に自信を持っていけるような身体ではないから。医者にも止められているし・・・。

         今朝9時ころ、花と野菜に水やりをしているとクール宅急便が止まった。
         
         宅急便は2,3日に一度あるいは頻度が高いときは一日3度も来ることがある。ほとんどの場合娘に来るもので、同人誌がらみ(何が面白いのやら)や買物。買物は近くになかなか好みの衣類を買う商店がなく、かといってわざわざ県都に行く暇もないため、ほとんどネットショッピングのようだ。・・・でも、東京に行く暇は有るんだ、などと呟いてみたりする・・・。
         そういう自分自身もオークションを利用することも多く、最近ではモバイルパソコンを市価の7割程度で購入したし、カメラ・ペット用品や下着などもほとんどネットで購入。量販店よりはるかに安い。
         連れ合いはというと、何やら隣の国の○○様とやらが大好き(小生にはこれもまたどこが素敵なのかわからない)だとかで、こそこそと内緒で小物やグッズを買っている様子。

         で、宅急便3社(○川・クロ○○・ペリ○)が入れ替わり立ち替わりひっきりなしに来ることになる。さらにこれに○○パックが追い打ちをかける。かくてアラナインの母などは段ボールがたまってゴミ回収日まで置くところがないなどとこぼすことしきりなのだ。
         宅急便の方も「今回は○○さんあてでーす」挙句の果てには「今日二個目の配達でーす」などと。
         まるでこのうちが家族全員ひきこもりで他人とのかかわりを否定している生活をしていると解釈しているのではと勘繰りたくなる。そりゃそうだ、家族の中で3人もが(なかの一人は午後から短時間のパートに出ているのだが)家にいるのだから、稼ぎに出かけもしないで。もっとも、宅急便のおじさんもそんなことは気取られないように、「いつもどーもッス」だって・・・。

         だから、宅急便は来るのだが、クール宅急便はめずらしい。
         荷物は4月に義母を亡くした従姉のほうから送られてきたである。彼女たちの実家の両親(彼女の父とうちの母が兄妹)は数年前に亡くなり、たったひとりの叔母様だからと、母をいつも気にかけてくれている。
        中に入っていたものは母と下の娘が大好物の山菜であるサシ(サシボ=イタドリの芽)、山菜の女王アイコ(ミヤマイラクサ)、ワラビナバナ

        サシ
        サシ

        アップサシ アップ

        アイコ
        アイコ2

        アップアイコ

        ワラビ
        ワラビ

        ナバナ
        ナバナ

        残念ながら小生と上の娘は山菜が苦手なのだが・・・。当然のことながら、スーパーで売っているような俗にいう「釘のような」貧弱なものではない。奥山の養分をたっぷり吸った食べがいのある太さ、しかもやわらかくそれでいて歯ごたえのある、だそうな。なにせ小生は食わないからわからない、ただ、山育ちだから良し悪しくらいは見ればわかる。

         つづいて、その30分後に出かけていた連れ合いがまたも、ワラビをどこからか持ってきた。というわけで採りに行かないのに豊作となった次第・・・

         で、これは是非とも写真に、と思ったら愛機PENTAX K20Dがウンともスンとも言わない。スワ、故障かと一瞬青くなる。あれこれ触ってもだめで、二度目のPENTAXサポートセンター行きかとあきらめかけたが試しにバッテリーを20分ほど充電してスイッチを入れると作動するではないか。
         実は昨日、スイーツ(なんぞと娘は言うが、60歳近くの小生としては、お菓子という日本語で何が悪いと思うのだが、スイーツと言っただけで首のあたりが痒くなる)のパイナップルクリフティーを作って、それを撮影し、パソコンにダウンロードしたあと、つけっぱなしで忘れてしまっていた。当たり前のことだが、パソコンにつないでいるときはオートパワーオフでも、電源は入りっぱなしだったということ。
         しかし、愛機にはバッテリーグリっプもつけており、バッテリーは2個体制なのだが一晩で2個とも放電するなんて予想もしなかった。

         そのため、山菜の撮影に思いのほか手間取り、ブログの書き込みに時間がかかってしまった。

        カメラの故障ではなかったが、諸悪の根源のこいつ!!

        パイナップルのクリフティー 焼きたて
           パイナップルのクリフティー焼きたて

        焼きたてアップ焼きたてアップ

        粉砂糖をかけて
          粉砂糖をかけて

          同アップ粉砂糖をかけてアップ

        今日の反省
         相変わらず間抜けで初心者マークのカメラ知識から抜け切れていないと再認識
        category:雑感 | by:ひぐらし仙人comments(0)trackbacks(0) | -

        SPITZのコンサートに行ってきた  チョコバターロール間に合わず

        2010.05.08 Saturday 00:11
        0

           日付が変わったので昨日ということになるが、娘に誘われて県民会館のコンサート(というのかな:JAMBOREE TOUR 2010)に行ってきた。

           グループ名はSPITZ(スピッツ)、券を購入する時には夫婦で携帯2台と、固定電話2台の合わせて4台を駆使しながら(この日は平日で娘は仕事)ようやくかけ始めて30分以上たってからつながり、チケットをゲットしたもの。小生はこの年で別にどうしても聞きたいわけでもないが、娘から下の娘が昔から大好きだったので一緒に聞かせたいとの殺し文句。2年半前にも同じような理由で強制的に連れだされ、今回がSPITZも2度目となる
           昔はいろいろな歌謡ショーとか、数万円のディナーショーにもよく出かけたものだ。最近はとんと御無沙汰なので、まあいいかと、聞きに行ってきた。なんだかんだと言ってはみても、娘の誘いに結構こちらも喜んでいるのを気取られてはいけないのだが・・・

          ポケットの中でクシャクシャになってしまったが、そのチケット
               SPITZ

          こちらも同じく尻ポケットに入れたためクシャクシャのパンフ
                  SPITZパンフ

           SPITZもグループを結成してもう23年になるとのこと、ボーカルの草野正宗君なんかは42歳なのにまだそこら辺にいる大学生と変わりないほどで、とにかく皆若い。音楽も若者受けする割に軽くもない、ということで結構年配のフアンもちらほら見える。小生自身もこの年になってなんかファンになってしまったような。特に「チェリー」なんかを聞くと思いだし心が疼いて締め付けられそうになるのは齢のせいか。

           ファン層は若者から小生に近い世代まで厚いのだが、われわれの年代から見ると若い人たちのマナーはほんとに変わってしまったと感じてしまう。なにしろお気に入りの曲になると立ち上がる、手拍子をする。隣の私の目の前までお構いなしに両手を打ち振る(娘に言わせるとそれが今風のコンサートの聴き方なんだそうだが)。
           われわれの世代はあまりに周りに気を使いすぎるのかも知れない。
           
           先回も似たような席だったが、小生の席(2階席2列目中央)は場所的には申し分ないところなのに、前の席の女(最近の若い女性は体格が良くて背中も大きい)など興奮してしまって最初から最後まで身を乗り出し、立ち上がり、まるで目の前に衝立が立っているよう。小生のところから全く正宗君の姿が見えない同じく体格のいい隣の女性は体を左右にゆするので、続きになっている小生椅子まで揺れるお前たちが手をたたくなら俺はお前たちの頭をひっぱたいてやろうかなどとつい思ったりもしたが体格では向こうが上、、まあ、曲を聞きに行ったので別に見えなくてもいいかなどと半分あきらめ、短気な割には我慢をした。
           
           おかげで少々疲れた。でも、委縮期に差し掛かった脳にはいい刺激になったことだろう。

           ところで、仕事帰りに直行する娘のため、オリジナルのチョコバターロールを作ろうとした。ところが、発酵時間が押してしまい、大急ぎで作ったものだから形は不ぞろい、焼きあがりも出かける時間に間に合わず、オープンからの取りだしは母に頼んだ。仕方なくコンビニのあまり美味くない(と、自分では思っている)パンを買い、娘に。

           帰ったらテーブルの上に置いていたがこれが思いのほか、うまい。娘に無理やり食べさせると、「おいしい、今までで一番の出来じゃない?」と、うれしい言葉をもらう。それが、これ。形は不味そうだが、なんの、なんの・・・
          チョコバターロール

          アップチョコバターロール拡大

          チョコバターロールのチョコチップ      チョコ

          今日はもう疲れたのでもう寝よう。就寝午前2時・・・

          category:雑感 | by:ひぐらし仙人comments(0)trackbacks(0) | -

          Velbon MAXi mini 我慢できずに買ってしまった

          2010.04.13 Tuesday 19:16
          0
             外は雨交じりの強い風
             2時ころまで庭のラティスに絡まったクレマチスモッコウバラの剪定をしていたが、あまりに寒いので途中でやめて、堆肥を購入するため近くのホームセンターに出掛け、ついでにミリオンベルの苗を3株購入

            で、今日は散歩は無しだったので 、別の画像をアップ

             今持っている三脚が開脚できない旧型のため、マクロ撮影のためサブとして開脚できるミニ三脚を検討していた。今年2月新発売のスリックとベルポンのどちら悩んだが、カカクコムやいろいろな書き込みを見てベルポンにして、アマゾンコムに注文、今日、宅急便で届いた。
             背丈の低い草花をマクロ撮影するため、先月にアングルファインダーも購入しているので合わせて使い勝手が向上することを期待しているものの、例のごとく宝の持ち腐れで終わるか、使い倒せるか今はちょっと自信がない。

            一枚目はVelbon MAXi mini 純正の自由雲台QHD-51付き
            ベルポンULTRAi  mini QHD-51雲台付

            次は小さめのSLIK雲台SH-705にクイックシューDQ-Sを装着
            なかなかいい面構えのスタイルではないか
            ベルポンULTRAi mini スリックSH705雲台 クイックシューDQ-S

            もうひとつ、先月買った安物のアングルファインダーであるが今まで装着していた純正の2倍拡大アイカップ比べても、画像に全く違和感がなく良い買い物だったと思っている。
            アングルファインダー

            もうひとつ、画像は無いがブラックラビットのカメラストラップ(見かけの割には少々高いが)も非常に便利、犬のロープを片手に持って首にカメラをぶら下げるスタイルでは、なかなかチャンスにシャッターを押せないが、これは違う。


            ということでいっぱい買いましたみたいな、あまり面白みのないブログになってしまったが、今日はこれでご勘弁を・・・
              カメラや文章の腕前は初心者、道具揃えは一丁前ってか!!
            category:雑感 | by:ひぐらし仙人comments(0)trackbacks(0) | -

            仕事のような、遊びのような

            2010.03.26 Friday 10:10
            0

               昨日は会議、夜は泊まりがけの宴会で今朝帰ってきた。
               寄る年波(ほどでもないが)には勝てずしばらく唄っていない歌を、カラオケで一曲所望されて逃げに逃げたものの断り切れず。
               生まれた頃の、ということは60年くらい前の曲ということになるがカビの生えたような歌を唄った。
                
               カラオケの得意な人間は嬉々として唄うが、にがてなものには苦痛以外の何物でもない


               
              おまけにうまいうまいなんて下手なお世辞、酔いもさめちまった。まあそのおかげか今日は二日酔いでないのが収穫か?
               記念の写真を貰ったがとても見せるような代物でないので、今日の写真は無しとする。

              category:雑感 | by:ひぐらし仙人comments(0)trackbacks(0) | -

              PR
              Calender
               123456
              78910111213
              14151617181920
              21222324252627
              282930    
              << June 2020 >>
              出会った野の花・山の花 そして庭の花
              人気ブログランキングへ
              食卓は手づくり野菜で
              人気ブログランキングへ
              野鳥散歩
              季節の花
              ブログランキング
              Selected entry
              Category
              Archives
              Recent comment
              Link
              Profile
              Search
              Others
              Mobile
              qrcode
              Powered
              無料ブログ作成サービス JUGEM